忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.14 |

日本の高齢化1

リュウ ケイトウ
ゴ ギョウカ
シュ テンビ
カ レイ
シュ レイレイ
セイ キ
(4月12日提出)


■日本の高齢化について
 高齢化は21世紀において、日本最大の問題になるものと思われる。日本ではすでに高齢化がかなり急速に進んでいる。1990年ではまだ、西欧諸国ほどの状態にはなっていなかったが、2025年をすぎるころには追い越す見通しである。

 深刻化していく高齢化社会を前にして、各方面から大きな影響が及ばされてきた。例えば、年金給付費はどんどん増えていく。その結果、政府の財政負担が高まっているわけだ。また、老人医療費が国民医療費に占める割合が毎年上昇を続けていることを見ても明らかである。その上、社会福祉サービスのニーズが一層より多くなることが予測されている。

 そうだとすると、今の社会保障制度を修正する必要がある。経済はなお順調に発展し続けていかねばならない。たとえこの問題に関心する人が少なくとも、社会に役に立つのだ。


■日本の高齢化
 日本では、1990年65歳以上の人口の割合は12.1%である。2025年になれば、27.3%になるかもしれない。ここから、35年の間、日本では高齢化が急速に進むことが明らかだろう。

 高齢化が進むとともに、労働力が減少するため、ますます経済に負担がかかることになる。また、社会福祉も問題になる。加齢とともに体が弱くなるので病気にかかる機会が多くなる。そのため介抱しなければならない。その看護費用や年金など政府から出されるため、高齢化が進むにつれ、その費用は高くなり、政府に負担がかかる。

 高齢化の問題解決のために、老人が再就職する機会、子供を生む機会を勧める方法はきっと役に立つだろう。


■高齢化社会
 1990年と2025年(推定)主要諸国における65歳以上の人口の割合を見ると、日本では1990年から2025年にかけて、世界に例を見ない速度で増加していることが分かる。

 高齢化によって、国民の生活水準、特に医療技術がだんだん進歩している。一方、国家年金、医療、介護と言う社会保障負担は、高齢者数が増加しているため、更に深刻な問題になっている。

 国民誰でも長寿を望むだろうが、国家にとっては重い負担だ。仮に国家は経済援助を強いられるならば、困難が重なり進歩できない。そのため、この負担を国民に分配するべきだ。国民に“老人を尊敬せよ、世話せよ”と言う観念を唱え、優れた者には褒美を与えれば、国民は老人の面倒を見ること光栄な責任だ思えるだろう。そして、国民が本心で世話するようになれば、国はいくら高齢化が深刻になっても繁栄できると思う。


■高齢化社会の未来
 グラフによれば、日本では21世紀に入ると、20世紀より、高齢化が更に進むようになることが分かっている。

 高齢化が進むとともに、それに関する問題が生じてきた。例えば、老人の割合が増え、若者の割合が減るとなると、労働力不足の問題が生まれる。それは経済発展に悪影響だ。また、老人の数が増えるのは、社会福祉システムにとって、大きなストレスになる。

 従って、高齢化に対して、具体的な対策を出す必要がある。まず、高齢化社会になった現状を直視することだ。そして、現在の福祉システムを完璧にし、より数多くの人の権利を保障するべきだ。高齢者に対するサービスを増加することも大切だ。それによって、経済成長率も増し、老人の自殺率も減ると思う。だが、一番役に立つ方法は出産を進めることだと思う。こうすると、未来は明るくなるだろう。


■日本の高齢化問題
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%で、他の主要諸国と比べると、低かった。だが、2025年になると、その割合は27.3%になると推定されている。その時、他の主要諸国を上回るそうだ。つまり、日本ではますます高齢化が進んでいる。

 高齢化が進むとともに、介護福祉に関する研究がさらに重要になっている。また、労働力不足も大問題になってきている。そのため、これから日本経済の発展がどうすれば進め続けるかは、よく考えなければならないだろう。
 
 では、高齢化について、私たちはどうすればいいだろうか。まず、多くの夫婦に出産を進め、他の国から労働力を借りる。そして、社会を穏やかにするために、もっとお年寄りに対する関心を持たなければいけない。


■高齢化社会の問題
 調査によると、日本では1990年に65歳以上の人口の割合は他国に比べて一番低かったことが分かる。しかしその後、日本の高齢化は急速に進み、2025年になると、65歳以上の人口の割合は一番高くなるそうだ。

 高齢化が進むとともに、多くの現実的な問題が現れてくる。例えば、若い労働力が減少してくるため、若者のストレスが重くなる。そして、年寄りが多くなるため、今の医療水準が低いことが問題になる。

 高齢化社会がもたらす悪影響を考えた末に、各種の措置を講じられてきた。その中では科学技術の進歩と合理的な政策は最も役に立つものと思う。科学技術が進歩すると、仕事の能率を高め、労働力を減少させることができる。合理的な政策があれば、医療設備に費やす資金が多くなり、医療水準を高めることができる。

PR

2008.05.12 | Comments(0) | 日本の高齢化

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]