忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 |

日本の高齢化2

フ コウコウ
チン ショウエン
チョウ ショウハ
リュウ セイ
リ コウ
セン ゴウキョウ
(4月12日提出)


■高齢化に伴う問題
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%、推定2025年には27.3%になり、アメリカなどの主要諸国よりずっと高い数値であることが分かっている。

 高齢化が進むにつれ、様々な問題が生じくる。まず、老人の年金問題だ。政府はどの程度年金を支払えばいいかが問題だ。そして、老人は病気がちだが、毎月の年金が多くないため、彼らの医療費の個人負担はどのように設定すればいいのかがまた問題だ。ところで、ある人は一人も子供がいない。その様な彼らは年寄ったら誰に看護させるか問題になる。以上は高齢化に伴う最も重要な三つの問題である。

 どうすればいいであろうか。政府は必ず十分な年金を支払わなければいけない。病院は老人に対して一層多くの優遇、例えば、無料診療などをするべきである。とにかく、私たちはできるだけ老人をよく介護しなければならない。


■日本の高齢化 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%、推定2025年には27.3%になり、アメリカなどの主要諸国よりずっと高い数値であることが分かっている。

 高齢化が進むにつれ、様々な問題が生じくる。まず、老人の年金問題だ。政府はどの程度年金を支払えばいいかが問題だ。そして、老人は病気がちだが、毎月の年金が多くないため、彼らの医療費の個人負担はどのように設定すればいいのかがまた問題だ。ところで、ある人は一人も子供がいない。その様な彼らは年寄ったら誰に看護させるか問題になる。以上は高齢化に伴う最も重要な三つの問題である。

 どうすればいいであろうか。政府は必ず十分な年金を支払わなければいけない。病院は老人に対して一層多くの優遇、例えば、無料診療などをするべきである。とにかく、私たちはできるだけ老人をよく介護しなければならない。


■日本の高齢化
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12,1%であることが分かっているが、今もなお急増している。グラフによると、2025年までにこの割合は27,3%になるそうだ。

 高齢化が進むとともに、様々な問題が出てきた。例えば、高齢化に伴い老人医療についての研究が大きな課題となった。なぜなら、衰えることは自然現象だが、老人医療はこの自然現象を拒否する感覚が潜んでいるからだと思う。このため、より高度な医療技術が必要である。もう一つ、高齢化に伴い若者を欠く社会の動きは鈍くなってきた。

 現在の日本にとっては新しい子孫が必要だと思う。現在の日本では子供を生まない方がいいと思う若者は多くなっている。そのため、日本政府はよりよい措置を講ずるべきだと思う。一方、他国の若者に日本へ就職するように勧めることもいい方法だと考える。


■日本の高齢化
 日本では1990年に高齢者の人口の割合が12.1%だったが、2025年までに、27.3%に上る推定があり、世界で最も大きい数値となることがわかっている。

 高齢化が進むとともに、多くの問題が齎される。例えば、定年の高齢化人口が多すぎると、企業の負担が重くなり、在職している人の給料に影響を及ぼすかもしれない。それとともに、高齢者を扶養するために、若者の負担も増える。これでは、国家経済の発展のためにならないと思う。高齢者を扶養する費用はますます増えるため、投資の拡大に不利だ。

 私の意見から見れば、政府は経済の発展を中心として、国力を強め、一方、「人口輸入政策」を進めることは良い方法である。その政策はつまり、優れた労働力を自分の国に輸入するものだ。


■日本の高齢化
 日本では、2025年に65歳以上の人口割合は1990年に比べると、2倍程度に増えることがわかっている。

 高齢化が進むとともに、日本の若い労働力不足問題も更に深刻になるだろう。近年、日本では、結婚しても子供を生まない女性が増えている。一方、定年して年を取って人は年々多くなりつつある。そのため、新出生率が減少し、若い労働力不足が社会にとって頭を抱える問題になるというわけだ。

 どうすればこの問題を解決できるか、おのずと考えなければならない問題になった。具合的に言えば、二つの解決策があると思う。一つは新出生率を上げることである。もう一つは他国から若い労働力を雇うことである。この二つの方法により、日本の若い労働力不足の問題は軽く減らさせることができるだろう。


■日本の高齢化問題
 日本では、1990年における60歳以上の人口の割合がアメリカ、フランスなどの主要諸国と比べると低かったが、2025年になるとその割合が二倍ほどに増え、他の主要諸国を超えるそうだということが分かっている。つまり、高齢化が急速に進んでいる。

 高齢化が進むとともに、多くの面にさまざまな影響がもたらさせている。その影響は医療、福祉、年金等々の社会保障のみならず、生産年齢人口の減少など社会·経済構造の変化にまで及ぼうとしている。

 他の問題はさておき、特に生産年齢人口の減少について話したい。すでに生産年齢人口の減少が始まっている日本は、経済の活力を維持することが必要だ。60歳以降の再雇用、定年延長が話し合われるべきだ。また、女性の社会進出を一層しやすくするため雇用機会均等化を充実させることも急務だ。

PR

2008.05.12 | Comments(0) | 日本の高齢化

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]