忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 |

日本の高齢化3

コウ リヒン
(5月13日提出)
キュウ ライライ
(5月14日提出)
ホウ リン
シン ショウレイ
(5月15日提出)
コウ チョウエン
リ キチ
(5月16日提出)


■日本の高齢化社会
 日本では1990年に高齢化社会に入り、以後年々他国と同様この情勢もひどくなりつつある。

 高齢化が進むとともに、各種の問題が生み出されてきた。例えば、高齢者が前より増えるので、老人医療の問題を深刻に考えねばならない。その外に、老人の数が多くなる一方、若者の数は少なくなっている。このまま発展していけば、労働力不足になる恐れがある。それ故、社会も不穏になるだろう。

 これから我々人間は高齢化が進むのに対して効果的な措置を講じなければならない。まず、人口の出生率を高くする必要があると考えられている。そうすれば、労働力不足の問題が解決できるだろう。そして、人々の質を高めることも大切だ。なにぶん、人の知恵によって社会が進歩するものであるから。


■日本の高齢化
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%で、2025年になるとその割合は27.3%に上るかもしれない。そのとき主要諸国では日本は65歳以上の人口の一番多い国になる。その一方、日本65歳以上の数の增長のスピードも一番速い。

 高齢化が進むとともに、各種の問題が起きている。まず年を取ると、老人の体も弱くなる。そうすると、医療費も増える。老人を扶養するのは家庭、政府にとって大きな負担となる。

 高齢化に対して、政府は老人を養う制度を完全にしなければならない。医療の設備の充実させるのも必要だ。また、家庭は扶養の責任を引き受けるべきだ。経済的な面だけではなく、精神的な関心も必要だ。老人にとって、もし自力で生活する能力があれば、自分で暮らす方がいい。


■日本の高齢化社会
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%で、2025年までに27.3%と予測され、その割合は主要諸国の中で、一番高くなる。日本は急速な高齢化の「試練」に立ち向かう国となることが分かっている。

 高齢化が進むとともに、高齢者にかかる社会保障費も上がり、年金問題もより深刻になる。それと同時に、若年労働者人口も減り、少子化も進んでいる。増大する社会保障負担の財政や、日本経済の活力などに与える影響を考えると、高齢化問題をもっと真剣に取り上げていくべきだと思う。

 日本の高齢化に対応して、「日本型福祉社会」を作るのは何より肝心だと思う。例えば、年金、医療、分野における国民皆保険を実施し、高齢者に就業機会を与える企業に対し、税制面で優遇措置を講じるなどの施策も必要だと思う。日本の高齢化社会への挑戦の道程は容易な物ではないが、政府も国民も努力すれば、きっと解決できるだろう。


■日本の高齢化問題
 日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1%だった。この数値は主要諸国において一番低い。しかし、2025年になると、日本では65歳以上の人口は全人口の27.3%以上に上り、これは主要諸国の中で最も高い。つまり、高齢化が今後急速に進むことがわかっている。

 高齢化が進むとともに、老人医療の問題も深刻になりつつある。65歳定年退職すると、90歳近い平均寿命までの20年以上をいかに生きるかも重要な問題だ。労働力不足も社会発展の重要な問題だ。

 高齢化に対して、どうすればいいだろうか。まず、経済発展は主な対策だ。また、健全的な社会保障は老人の幸福の守護神だ。ほかには、老人自身が様々な知識、例えば、経済、文学、科学を勉強すると、きっと幸せな生活を送れるだろう。最後に、子供が親孝行という意識を持つことも必要だ。


■日本の高齢化
 日本では、1990年に65歳以上の人口の割合は12,1%、2025年に27.3%に達する見込みだ。35年の間に、15,2%も増えるとは、ほかの国と比べると、日本の高齢化が想像できないスピートで進んでいることが分かる。

 高齢化が進むとともに、労働力は少なくなった。高齢者にとっては、社会から与えられたお金と物だけが増えていき、若者にとっては圧力が重くなる。このままにしておけば、様々な社会的な問題が益々出てくるだろう。犯罪を行う人の数も増えるはずだ。

 この問題は解決が難しいと思う。社会の圧力を軽減するために、老人たちができるだけ、自分で働くように励ます方がいいと思う。また、若者の人数の減少を食い止めるため、子供を生むことを進める必要がある。


■日本の高齢化
 今、日本では益々高齢化が進んでいる。調査によると、1999年に、日本の老人の割合は12.1%だった。世界主要諸国では一番低かった。しかし、2025年になると、日本の老人の割合は27.3%になるだろう。諸国では割合が一番高くなるかもしれない。

 高齢化が進むとともに、たくさんの問題が出て来る。たとえば、老人医療や介護福祉の問題は何もまして急を要する問題だ。一方、老人数の増加につれて、労働力不足の問題は益々深刻になりつつある。そのため、日本の発展に大変な不便さをもたらすだろう。

 高齢化のために、多くの措置を講ずるべきだ。先ず老人の医療や介護福祉はもっと完璧にする。そして、労働力不足に対して、科学技術により、労働力効率を高めれば、労働力不足が解消されると思う。ともかく、社会を穏やかにするために、まだ多くのことを考えていかなければならない。


PR

2008.05.14 | Comments(0) | 日本の高齢化

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]