忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 |

日本の高齢化4

ソン ケツ
テイ トウ
(5月16日提出)
シント ギョウ
(5月17日提出)
オウ ホウミン
(5月18日提出)
シ コウ
ロ ジ
(5月19日提出)


■高齢化社会になる
 日本では2025年に65歳以上の人口の割合がほかの国よりずいぶん高く、27.3パーセントを占めることが分かっている。

 高齢化が進むとともに、日本の経済発展に影響もあれば、国民全体の生活へ大きな影響を及ぼすこともある。政府はもっと完璧な医療システムを成し遂げざるを得ないだろう。なお、両親を扶養するために、働いている若者はより重い圧力を加えられる。

 目下の情勢につれて言えば、高齢化がますます進む恐れがある。政府はできるだけ高齢者が生活を楽しめるよう講ずるべきだ。また、社会的な、それ程激務でない仕事のチャンスを、高齢者に与えると、彼らは自分の力で暮らせるはずだ。ほかには、常に変化する社会の情況に合わせ、相応しい出産の政策を練ったほうがいいだろう。


■日本の高齢化問題
 日本では1900年に65歳以上の人口の割合はもう12.1%になった。日本人の平均寿命が延びるとともに高齢者が急速に増える。今の日本の平均寿命は世界で一番長いので、2025年の65歳以上の人口の割合は27.3%に上がると推定される。これを見ると、日本の高齢化問題はどれ程に酷いかがわかるだろう。

 高齢化が進むとともに、若い労働者が減り、日本は重大な危機に直面し、経済的に生き延びるのは困難になるだろう。そして、巨大な数である定年になっている老人を養うのは政府に、社会に、若い人たちに大きな圧力がかかる。

 この様な酷い高齢化について、どうしたらいいか。定年退職後の人を今より簡単に新採用し、定年になっても、続けて働く機会を与えるという方法がいいと思う。また、外国の労働者を受けいれる方法もいいと言われている。


■高齢化
 今、日本ではますます高齢化が進んでいる。国連人口部などの資料によると、日本では1999年に65歳以上の人口の割合は12.1%で、2025年高齢化率は27.3%に達する。アメリカ、フランスなど主要諸国と比べると、日本は高齢化が最も急速に進んでいることがわかる。

 高齢化が進むとともに、さまざまな問題が生じてくる。まず、労働力人口の高齢化が着実に進み、労働力不足も生じてくる。そのために、日本社会の発展も遅くなるだろう。また、高齢者の介護を中心とした健康問題も深刻である。政府の圧力が重くなってくる。

 それについて、どうすればいいだろう。政府は高齢化社会についての対策を制定しなければならない。たとえば、保健、医療、福祉サービスを更に充実させ、65歳までの雇用の推進などを図るべきだ。また、老人自身も自分の実力を高くすることだ。そうすれば活気ある明るい未来につながるだろう。


■日本の高齢化
日本では1990年に65歳以上の人口の割合は12.1パーセントだった。2025年になれば、この割合は27.3パーセントになる。世界の主要諸国では一番高い数値だ。

高齢化が進むとともに、様々な問題が生じてきた。例えば、労働力不足になった。老人医療の問題も深刻になりつつある。年金や医療費の額は急激に増加する。そのため若者にとって、圧力が加わってきた。もちろん、世界の人口が更に多くなった。

これらの様々な問題に対して、どうすればいいだろうか。第一に医療の制度を完壁にするべきである。第二に退職年齢を延長させるべきである。第三に娯楽設備や娯楽様式を増やすべきである。私の意見は以上だ。


■日本の高齢化社会
 日本では2025年になると、老人(特に65歳以上)は人口の27.3%を占めるようになるそうだ。今、日本ではますます高齢化が進んでいるのがわかっている。

 高齢化が進むとともに、さまざまな問題が生じる。この中で一番大切なのは老人医療である。特に農村では、若者たちは都会に出て行くため、医師不足の老人が寂しく家を守っている所が多いそうだ。そして、年を取ると、老人は運動神経に自由が効かなくなる。体の調子は昔と比べると、より悪くなる。

 高齢化は、高度成長のツケが回ってきた結果である。このままの状態を放っておいていいわけはない。といって、何かの規則を作り、日本の人口がこれ以上増加しないようにするとか、老人医療について何かの法律を作るとかいうような方法では、問題の解決にはなるまい。老人だけを考えるのではなく、より総合的な、抜本的な対策が必要なのである。


■日本の高齢化問題
 日本では高齢化問題は無視できない問題になっている。国連人口部の資料によると、1990年日本の65歳以上の人口の割合は12.1%だったが、2025年になると、その割合が2倍強になり、27.3%になることが分かる。

 高齢化が進むとともに、若者にはストレスも大きくなっている。年寄りの医療問題、年金問題も数多く出てくる。また、育児に莫大なお金がかかるため、子供が要らない、結婚しないという若者も急増しているそうだ。そのため、高齢化問題はさらに激化し、悪循環になっていると言われている。

 他の先進国と比べると、日本の高齢化傾向は強い。少子化問題はその傾向に関わると思う。どの様に日本の出生率を上げるのか、それを考えなければ、日本の未来は懸念されるといっても過言ではない。

PR

2008.05.16 | Comments(0) | 日本の高齢化

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]