忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 |

自己紹介1

コウ チョウエン
リュウ ケイトウ
チン コウ
チン ショウエン
セン ゴウキョウ
カ レイ

(以上、3月31日提出)


■私の名は黄超艶と言い、故郷は象山だ。象山は寧波の南の県で、とてもきれいな町で、半島だから、様々な海産があり、空気もきれいだ。毎年世界各地から人々が旅行に来る。私はこの立派な町で生まれて、幸せだと思う。
 興味はたくさんある。本を読むとか、映画を見るとか、遊ぶことが好きだ。本については、歴史の本が好きだ。いつも「百家讲坛」という本を読む。中でも、易中天の「品三国」が一番好きだ。映画については、喜劇の方が好きだ。中でも、周星馳の映画が大好きだ。最近の新作の「長江七号」は本当に素晴らしかった。人気が上がるにつれて、あの映画の中の玩具も市場に現れた。遊ぶことの中では、マージャンが大好きだ。休みの日は、いつも友達と一緒に遊ぶ。小さい頃からマージャンをするので、ハイレベルになって、いつも勝つ。その時は、人生の幸せを感じる。


■私の名は柳という。舟山の出身で、今年は21歳だ。舟山は海の幸で有名な町だ。毎年、数々の観光客が遊びに来ている。旅行者の数が増えるのに伴って、舟山の経済はますます発展している。
 ところで、私の性格は明るくて、人との付き合いが好きだ。負けん気の強い人で、好奇心が旺盛で、新しいことに挑戦することが好きだ。多くのボランチィア活動に参加し、何をしてもしっかり自信を持っている。そして、趣味はポピュラー音楽を聴くことだが、普段はクラシック音楽もよく聴く。もし、何か悩んでいることがあれば、好きな音楽を聴いて、気持ちを落ち着かせる。
 専門は日本語だ。大学二年の間に、いつもよく勉強して、奨学金を取っただけでなく、日本語二級能力試験に合格した。しかし、これからも一生懸命に頑張っていこうと思う。


■私の名前はチンコウという。今、寧波大学の外国語学院日本語科の二年生だ。どうぞ、よろしく。
 天津は私の出身だ。寧波と遠く離れている。四季がはっきりしている。春風は柔らかく、夏はとても暑く、秋になると植物の葉がきれいな金色になり、冬には雪が降る。その外には、様々な美味しい食べ物がある、人々も親切だ。自慢の古里だから、皆を歓迎したい。
 私の趣味は画を描くことだ。少し中国国画ができる。高校時代、私は衣服のデザインを学びたかった。色に対して、いつも特別な感覚があり、美しいものを作ることが大好きだから、私の夢は世界中の人々を美しくさせることだ。しかし、今私の専門は日本語だから、夢と遠い。去年、このことを考えると、気持ちが悪くなった。今、私は日本語が上手になりたい、その後、衣服のデザインを学ぶつもりだ。


■私は宁波大学の日本語科の二年生だ。
 初めて私と会う人々は、恥ずかしいという深い印象が残るそうだ。実は、私はいつも冗談を言って、友達を笑わせる。毎晩、寮の中で、歌を歌ったり、ラジオ体操をしたりする。だから、私と仲がいい人は「チンさんは活発で、親切な人だね。」と言う。私は映画を見ることが大好きだ。日本語を習った後、日本のドラマや映画を見ることが多い。悲しい劇の筋で泣いたこともあれば、惜しい結末でため息をついたこともあった。日本の映画から、多くのことを学んだ。例えば、日本の風俗や日本人と会う時のおじぎの仕方などが分かった。他に、多くの人生の道理を教えてもらった。そのおかげで失敗した時、困難に会う時、どうすればいいか、今はもう分かった。
 大学に入ったばかりの時、「日本語が難しいな。」と思った。しかし、勉強すればするほど、日本語の面白さが分かる。もう二年生だから、日常生活の中で、友達と日本語で話すことができる。先生と友達のおかげで、私の日本語は次第に上達してきた。私は将来日本語の教師になるために、一生懸命に勉強し続けようと思っている。


■私は、宣といい、寧波大学日本語科の二年生だ。寧波の南にある小さくてきれいな町に生まれた。その町は臨海と言うが、実は海に近くもなくて、山々に囲まれている町だ。私は、六才の時、家族と一緒に故郷を離れて、寧波に引っ越してきて、それからずっと寧波に住んでいる。
 私は本や音楽が好きだ。音楽を聞きながら、本を読むことは何より幸せだと思う。本の中の世界で、楽しみながら生きて、現実の世界に帰ってくると、いつの間にか、自分も物事を見る目が変わっているからだ。休みの時、一日中家に閉じこもってばかりいて、どこへも行かずに、本を読んでいる日も多い。
 音楽が好きだとはいっても、生まれつき音痴で、ただ音楽を聞くことが好きに過ぎない。先学期、バイオリンを習ったが、うまく弾けない。
 本や音楽に限らず、スポーツも好きだ。中でも、高校時代、二年間も習ったから、バドミントンが得意だ。
 私は日本の文化に憧れているので、日本語科に入った。いつか日本に行ければいいなと思っている。しかし、無口だから、日本語の会話が苦手だ。日本に行ったら、困るだろう。しかし、今上手に話せなくても、繰り返して練習すれば、上手になると信じている。日本語がうまくなりたければ、もっと勉強するべきだと分かっているので、今から頑張ろうと思う。


■私の名は夏玲という。夏は「ナツ」の「カ」玲は「玲瓏」の「レイ」だ。中国語で玲の意味は玉と玉がぶつかる音を表す。親は、私に軽快な音の様に明るく成長してほしいから、この名前をつけた。
 趣味は刺繍と読書だ。本の中には各種の知識がある。その知識を身につけるのは本当に楽しいことだと思っている。そして、知識が増えるに従って、自分の心も豊かになってくる。だから、コーヒーを飲みながら本を読むのは最高だと思う。刺繍はなかなか時間がかかるものだが、それをしている間、嫌な事を忘れしまうから、大好きだ。
 故郷は海寧だ。海寧は人を驚かせるほど急速に発展している町だ。新しいマンションも建てられているし、奇麗な観光地も開発されているし、移住人口も増えているそうだ。海寧は潮と皮革で有名な町だ。特に潮は世界でも有名だ。毎年、旧暦の八月八日になると、各国の人々は銭塘江の壮観を見るために、態々遠いとこるから集まってくる。
 最後に私の夢は湖の側にある別荘を手に入れ、家族と一緒に楽しく過ごす事だ。

PR

2008.04.01 | Comments(0) | 自己紹介

コメント

コメントの投稿


« | HOME |

忍者ブログ [PR]