忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.14 |

国の特別なもの4

コウ チョウエン…食
(4/19)
シント ギョウ…万里の長城
シュ テンビ…糖酢スペアリプ
テイ トウ…湖州
(4/20)



 わが国では、特別な物がたくさんある。今回は、食文化について紹介したいと思う。中国は土地が広く、資源が豊かだ。そのため、食べ物が様々だ。
 地方によって違う。北方は小麦を主食にし、祝日になると、家という家がいつもギョウザを作り、囲炉裏を囲み、楽しい一時を過ごす。南方は気候が農業に適していて、盛んに果物を栽培しているため、椰子やオレンジや西瓜などが、大変おいしい。夏が近づくにつれ、それらの果物は良く売れ、既に一つの産業になっている。西方は青藏高原と砂漠が広がり、空気が薄く、水も少ない。だが、日光のおかげで、甘い果物が育つ。中でも、新疆の葡萄が一番有名だそうだ。東方は、海に近く、海の幸で有名だ。蟹・魚・蝦などがある。私の住む寧波も東海に近い町だから、いつも新鮮な海産が食べられ、幸せだ。
 ほかにも、まだ四川料理や広東料理、北京ダックなど世界で有名な料理も数え切れないほどある。


万里の長城
 私は万里の長城について紹介したいと思う。富士山が日本のシンボルだというように万里の長城は、いわば中国のシンボルだ。
 中国において、万里の長城は非常に大切なものだ。秦朝では回りの敵を防御して、自分の国土を守るために、万里の長城が建てられたが、各時代によって修繕されてきた。今では、観光地として世界で有名だ。毎年万里の長城へ観光に来る外国人が数多くいる。
 私の国の人々にとって、万里の長城は大切な文化遺産だ。非常に偉大な建物だと言われている。施工の難しさや歴止の長さや労働力の多さなどは、今までに類を見ないことだ。「孟さん」という昔話が言い伝えられている。これ程立派な建物を建てるのは、当時の技術では非常に困難であったようだ。しかし、中国の人民は自分達の力で、その奇跡を起こしたのだ。


糖酢スペアリプ
 中国には様々な家庭料理があるが、今回紹介するのは“糖酢スペアリプ”という手作り料理だ。
 自分の国はとても偉大な国だと思うが、特別な物というと、私は外国に行ったことこともないから、比べるのは苦手だ。しかし、頭の中で一番深く印象に残っているものは、やっぱり祖母の“糖酢スペアリプ”だ。
 非常に美味しくて、いくら食べても飽きないのはもちろん、祖母がこの料理を作っている様子は一生忘れられない。この料理は、特に難しい料理というわけではなく、この国のどこででも食べられるだろう。しかし、料理中の祖母の真剣な顔つきや努力の汗や幸せな笑顔などと言う調味料が料理を特別においしくする。
 景色やお土産を一生覚える事は無理ではないか。特別な人が特別な感情を添える料理こそ自分の国では、私にとって一番特別なものだと思う。つまり、この料理は一生で一番おいしい特別な料理だと言えるだろう。


湖州
 私の国には特別なものがたくさんある。中国の長い歴史の中で重要な都市として私の故郷、湖州の文化と特産物が中国で特に注目を浴びている。
 昔から「絹布の府」と呼ばれている湖州の絹布は有名だ。第二次万国博覧会で湖州の絹布はゴルドン賞を受賞した。そして近代には大量にヨーロッパへ輸出された。
 また、漢字は中国文化のシンボルと言えるだろう。筆、つまり湖筆は中国の代表的な贈り物として、外国のリーダー達へ贈られる。
 湖州の茶も特別なものだ。唐時代に陸羽という学者は全国の茶を研究した後、湖州で一番よいと思う茶を発見した。太湖と天目山という特別な環境で作られたこの茶は優れた茶として、陸羽によって、「茶経」の中で書かれ、後に、この茶も最初の貢茶になった。

PR

2008.04.19 | Comments(0) | 国の特別なもの

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]