忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.09.26 |

自己紹介4

シント ギョウ
(4月3日提出)
リ キチ
ホウ コウゲン
シ コウ
テイ トウ
シン ショウレイ 
(4月6日提出)


■私は寧波大学の日本語科の二年生だ。杭州出身だ。しかし、生まれは「深澳」という小さな町だ。初めて見る人は名前も読めないほど小さな町だ。昔、様々な人形の工場が多くあったから、人々はおもちゃを作って暮らしていた。最近、深澳は「古い町」として観光業が盛んになってきた。町の中には明朝、清朝から伝えられてきた古い建物が多くある。例えば清朝の「八房厅」や「吃水塘」など様々ある。素晴らしい建物だ。本当に一度は来てみなければ損だと思う。
 この古い町で生まれた私は内向的な性格を持っている。いつも「それは町の古い歴史に関係があるのではないか」と思っている。休みの日には家でゆっくりテレビを見ることが大好きだ。香港ドラマからは生活の速さ、社会の激しい競争を、韓国ドラマからはロマンチックな場面、楽しい生活を、日本ドラマからは深刻な社会問題について等、多くのことを学んだ。私は音楽も好きだ。好きな音楽を聞くと、楽しくなる。昔から「张韶涵」という歌手の歌が大好きだ。彼女はきれいだし、歌も素晴らしい。また、日本語の勉強をするうちに、日本語の歌も好きになった。
 一方、旅行も大好きだ。だが残念なことに、遠いところへ旅行に行ったことが一度もない。雲南や北京など様々な行き先を考えた末、結局いつも家でゆったりしている。だから、今度の夏休みには必ずどこかへ旅行に行きたい。夢は現実になるだろう。


■私の名前は李吉だ。故郷は寧波だ。家族は3人いる。父、母と私。両親は優しく、親切だ。いつも私のそばにいる。悲しい時、困った時、両親を思い出すと、勇気が出る。
 寧波は私の故郷だ。商業で有名な町だ。観光地もたくさんある。東銭湖や天童寺などがある。私は寧波の人だが、寧波のことはよく知らない。市内へ行くと、よく自分が今どこにいるかがまったくわからなくなってしまう。おかしいだろう。土地勘が無い。
 私の趣味は本を読むことだ。毎日寝る前に、本を読んでいる。少しでもいい。読まなければ、眠れないかもしれない。とても読みたい本があれば、私はあちこち、この本を探す。図書館へ行き、本屋へ行き、最後にインターネットで買う。読みたかった本を手にした時の喜びは言葉で言い表せない程だ。
 以上が私だ。


■私は方光元だ。日本語科の二年生だ。生まれは小さくて、静かな町だ。この町は海に近いので、私は毎年楽しく海の中で遊んだり、水泳をしたりして、小学校・中学校時代を過ごした。楽しみに恵まれる私は大学で日本語を勉強しながら他の面白いことも探しつづけたいと思う。
 遊びが好きなだけではなく、さまざまなことに好奇心をもつのも私の生まれつきだ。そのために、遊んでばかりいる子供のように無邪気だ。みなと一緒に生活しながら友達になることはとてもうれしい。
 先生に言われた立派な人は具体的にいえば、どの様なひとかがわからないが、いまからみなにご教示いただきたい。


■私はシャンハイからきた施鋼だ。家族は三人いる。今は日本科の二年生で、大学にある寮に住んでいる。
 今はもうすっかり大学の生活にも慣れて、皆と仲よくなった。私は毎日忙しくて、スポーツに勉強に遊びにと、日々は目まぐるしく過ぎていく。私は歌が得意なので、休みの日には、寮の友達と一緒にカラオケにいく。私は好奇心が強く、様々なことを体験してみたいと、いつも思っている。それで、以前から趣味のあった日本語を習い始めたのだ。
 今熱中していることは野球だ。次は、お茶をやってみたいと思っている。日本語の勉強が終わったら、日本へ留学するか、就職するかどちらでもいいと思っている。


■私は丁涛、寧波大学の2年生だ。いま、外国語学院で日本語を勉強している。私の出身は浙江省の一番北の端、湖州という町だ。故郷の生糸、筆、筆法、茶の葉は歴史が古くて有名だが、中でも湖州の竹の森は李安監督の「臥虎潜竜」という映画で有名になった。
 アニメ、音楽、絵画は私の趣味だ。アニメの中で一番好きなのはスラムダンクと宮崎骏の作品で、音楽のほうでは、音楽を聞くより楽器で音楽を演奏するのが好きだ。ピアノを学びながら、今年はバイオリンも学んでいる。学んでいるというが、まだ下手なので、ただ自分で遊んでいるような感じだ。
 子供の頃、芸術家になりたかったが、学習の圧力で忘れてしまった。しかし、いまは新しい夢を見つけた。中国では、どこの建物もみにくいと思う。環境は汚く、池は臭く、木は弱い。特に気になることは中国的な建物が少ないことだ。だから、将来デザイナーになって、様々な美しい建物を建てたい。


■私の名はとても普通だ。全国には「小麗」という名前が大体4000万人いる。ある日、私は天一広場へ向かうバスの中で誰かが小麗と呼ぶと、5人が答えるという経験をした。私はとても驚いた。
 私は萧山という町に住んでいる。しかし生まれは萧山から3時間ぐらいの小さな村だ。2歳の時、父の転勤で一家を上げて萧山に移った。それからずっと萧山に住んでいる。萧山はずいぶん活気のある町だ。人も親切だ。去年萧山は「最も幸福な都市」として選出された。萧山に住んでいるのは幸せだ。
 私の家族には祖母、父、母、兄と私がいる。父は退職後、母と一緒に村で生活している。兄は会社で働き、私の生活費は全て兄が払っている。彼は優しく、立派な人だ。
 私の趣味はスポーツだ。特にバスケットボールが好きだ。週末になると、友達と一緒にバスケットボールをすると、楽しい。これは人生の楽しみだと思う。

PR

2008.04.06 | Comments(0) | 自己紹介

コメント

コメントの投稿


« | HOME | »

忍者ブログ [PR]